男性型脱毛症用語集:5αリダクターゼ

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

5αリダクターゼは男性型脱毛症(AGA)において重要な役割を持っている酵素です。

男性ホルモンのテストステロンは直接AGAの原因となるわけではありません。しかし、テストステロンが5αリダクターゼによって、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されてしまうと、薄毛化を引き起こす可能性があります。

AGA治療において、5αリダクターゼの作用を阻害し、DHTを作らせないようにすることは、現在主流となっている育毛方法のひとつです。

5αリダクターゼとは?

5αリダクターゼの働き

リダクターゼとは還元酵素という意味です。5αリダクターゼは酵素の一種になります。

還元酵素は水素原子を特定の物質に付加する働きをもっています。ジヒドロテストステロンとは、水素原子が二つ付けられたテストステロンという意味です。

5αリダクターゼの活性が強いと男性型脱毛症(AGA)を発症しやすくなる

ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症による薄毛化の直接の原因となるホルモンです。

従って、5αリダクターゼによって生成されるDHTの量が多いほど、AGAを発症しやすくなると言えます*。

*他にも、DHTと結合する男性ホルモン受容体の感受性の強さも関係します。

それでは、5αリダクターゼの量が多いほど、生成されるDHTの量が多くなるのではないか、と思うかもしれませんが、実はある研究によれば、AGAの人とそうでない人を比較した結果、5αリダクターゼの量に大きな差がないことが示されています。

この問題については研究の進展が待たれますが、現時点では、5αリダクターゼの活性の強さの方が重要であると言われています。

5αリダクターゼの活性の強さによってAGAになりやすいかどうかが決まる!

体内の5αリダクターゼは、テストステロンを見つけると、片っ端からDHTに変換してしまうわけではありません。

変換することもあれば、変換せずに見逃すこともあります。

活性が強いということは、テストステロンをDHTに変換する頻度が多いと言うことですね。

5αリダクターゼの活性が強いかどうかは、遺伝的要因が大きいと言われています。

平均的に5αリダクターゼの活性が強い体質の人は、生成されるDHT量が多くなる傾向にあります。もちろん、AGAになるかどうかは、男性ホルモン受容体の感受性など、他にも要因があるため、5αリダクターゼの活性が強いからと言って必ずAGAになるわけではありません。

5αリダクターゼにはI型とII型がある

5αリダクターゼにはI型とII型があります。

このうち、II型5αリダクターゼはテストステロンをDHTに変換する活性が強く、AGAに大きく関わっています。

また、なぜかI型5αリダクターゼは全身のさまざまな毛包に存在していますが、II型5αリダクターゼは前頭部と頭頂部、ヒゲが生える部分に集中しています。

I型5αリダクターゼもテストステロンをDHTに変換しますが、その活性はII型と比べて弱いです。

5αリダクターゼの阻害は主要なAGA治療のひとつ

男性型脱毛症では、DHTと男性ホルモン受容体が結合し、毛乳頭細胞の核内に入り込むことで薄毛化を引き起こします。

本来、毛乳頭細胞は、髪の毛の元になる毛母細胞に細胞分裂を促すシグナルを送っていますが、DHT+男性ホルモン受容体の作用を受けると、なぜか脱毛を促すシグナルを送り始めます。

従って、DHTの生成量を減らしてやれば、薄毛化も緩和・改善する可能性が高くなります。

5αリダクターゼの働きを阻害すれば、DHTの生成量が減りますが、これは現在の主要なAGA治療のひとつとなっています。

5αリダクターゼを阻害する育毛剤

プロペシア(有効成分フィナステリド)

プロペシアは現在医療用医薬品に指定されている二つの育毛剤のうちの一つです。

医療用医薬品なので、皮ふ科や育毛クリニックを受診し、医師の診察を受けた上で処方箋を書いてもらわなければ、購入することができません。

プロペシアは商品名です。育毛効果を有する有効成分はフィナステリドと言います。

フィナステリドはII型5αリダクターゼを阻害する作用があります。

ザガーロ(有効成分デュタステリド)

2015年9月に承認された、比較的新しい育毛剤です。

現在医療用医薬品に指定されている育毛剤は、このザガーロとフィナステリドの二つだけです。

ザガーロも5αリダクターゼを阻害することで、AGAによる薄毛化を防ぎます。

ザガーロとプロペシアの違いは、ザガーロがII型だけではなくI型の5αリダクターゼも阻害することです。

従って、ザガーロの方がプロペシアよりも効果が強いと言われています。

男性型脱毛症によって薄毛が進行した状態では育毛剤の使用が不可欠

5αリダクターゼの活性の強さや、男性ホルモン受容体の感受性の強さは、遺伝的要因によって決まる部分が大きいと言われています。

睡眠不足やストレス、喫煙や肥満など、日常生活での不健康な習慣がどれほど影響するのかはまだはっきりと分かっていない部分も多いのですが、現時点ではAGAになるかどうかは、遺伝的要素が大きいと言えます。

AGAの脱毛は進行性です。

放置しておくと、頭頂部や前頭部の髪の毛が細く短く弱り、どんどん薄くなっていき、最終的に「ハゲ」と呼ばれる状態になってしまいます。

絶対にというわけではありませんが、基本的には、AGAによる薄毛化は日常生活の改善程度では防ぐことができません。

しっかりと効果が認められた育毛剤を最低でも半年間は使わなければ、目に見えた改善効果は表れないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です