現代社会はストレス社会だからハゲるという説は間違い。

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

育毛剤や育毛サロンのコマーシャルでよく効くのは、現代社会はストレス社会だからハゲ率が増えているというもの。

何となく納得してしまいそうな説ですが、実はこれ科学的に根拠がないどころか、むしろ誤りと言った方がよい説です。

今も昔もハゲる人の割合は変わっていない

調査データから見るハゲ率

残念ながら、日本人男性を対象とした大規模なハゲ率の実態調査は行われておらず、AGAになっている人の精密なデータは存在しましせん。

それでも、1981年と2004年に比較的規模の大きいアンケート調査が行われており、一般的な傾向を知ることはできます。

1981年の調査は札幌鉄道病院皮ふ科の医師が行い、対象者数は1726人。AGAの発症率は32%でした。

2004年の調査は板見医師が行い、対象者数は6509人で、AGAの発症率は29%。

発症率だけ見ると現代の方がむしろ減少傾向にあります。いずれによせ、日本人男性のAGA発症率は30%前後と言われており、この傾向は終戦直後から現在まであまり変わっていないようです。

そもそも、現代社会でハゲが増えた原因とされる、ストレスや食生活の欧米化自体が、AGAの原因としては根拠が弱いものです。

AGAで薄毛になる理由はやはり男性ホルモン。

AGAになって薄毛が進行していく要因は何をさておき男性ホルモンです。

より正確に言えば、ジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンと、男性ホルモン受容体の働きによって薄毛化が引き起こされます。

ストレスや肉食中心の食生活、あるいは睡眠不足などは、確かに毛髪の成長に悪影響を及ぼすこともありますが、これらが直接AGAを発症させる引き金となるわけではありません。

ストレスは確かに脱毛症の原因になることもありますが、それは円形脱毛症であって、AGAではありません。

というわけで、確かに現代社会はストレスや肉食が増えていますが、だからと言ってAGAの発症割合が増えることになるわけではありません。ストレスも肉食もAGAの原因ではないのですから。

もし、育毛剤や育毛サロンのコマーシャルで、ストレスや肉食が増えた現代社会だからハゲが増えているという説明があったら、ちょっと黄色信号ですね。

AGAの原因ではないとは言え、過剰なストレスや肉食は髪の毛にはよくないかも。

もちろん、AGAによって薄毛化が起きている場合、過剰なストレスや肉食は、髪の毛にさらにダメージを与える可能性はあります。ストレスや肉食は全く髪の毛の成長に影響を与えないというわけではないので、注意してください。

あくまで、ストレスや肉食が原因になってAGAを発症することはない、ということです。

艶々とした、健康的な髪の毛を維持したいのであれば、やはり過剰なストレスは避け、肉食も適度な量にするのが一番ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です