薄毛・ハゲに優しい正しいシャンプーの方法

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

普通の人なら毎日行う髪の毛のケアと言えば洗髪。洗髪と言えば、当然シャンプーを使います。

ところで、薄毛やハゲの人、あるいは将来的にハゲるんじゃないかと不安を持っている方が気になるのがシャンプーの選び方と髪の洗い方

今回は薄毛・ハゲに優しい正しいシャンプーの方法をご紹介します。

それから、シャンプー・洗髪に関する誤った情報を徹底的にぶっ叩きますので、時間がある方はそちらもどうぞ。

正しいシャンプーの方法

シャンプーは何が良い?

率直に言えば何でもOKです。とはいっても、最低限日本国のシャンプーの基準を満たした商品にしましょう。

頭皮が弱い、あるいはなんとなく気になるというのであれば、弱アミノ酸のシャンプーやノンシリコンのシャンプーを選ぶとよいでしょう。

合成系のシャンプーが髪の毛に悪いという話はよく聞きますが、正直に言ってあまり根拠があるわけではありません。

基本的にAGAは男性ホルモンの作用によって症状が出るので、毛髪と頭皮に接触するシャンプーの違いで大きな変化が出るわけではありません。

正しい洗髪の方法

多少アレンジしてもっても構いませんが、最も大事なのはすすぎ。これだけは忘れないようにしましょう。

まず、シャンプーを使わずに髪の毛をお湯でしっかりと濡らします。このとき、適度に髪を洗っておくとよいでしょう。本当に軽い感じでoKです。髪の毛がしっかりと濡れていれば問題ありません。

それからシャンプーを手に取り、髪の毛につけて、ゆっくりと洗っていきます。

洗うときのポイントは爪を立てずに指の腹で洗うこと。爪を立てると頭皮を痛めてしまうことがあるので、これはあまりオススメできません。

腹の指でなんとなくマッサージする感じで洗っていけばいいでしょう。それほど本気になってマッサージするまでは必要ないです。

洗う順番は特にこれが良いというものがあるわけではありません。ちなみに管理人は頭頂部から洗い、額の生え際、それから側頭部と後頭部に行きます。ちょっとM字になっているので、特に額は念入りにマッサージしています(笑)

そして最後に大事なのがすすぎ

髪の毛の長さにもよりますが、2分から5分ぐらい時間をかけて、お湯でしっかりとシャンプーを洗い流しましょう。適当にすすぎを行うと、シャンプーが頭に残ってしまいます。この状態が続くと、さすがに頭皮がダメージを受けてしまいます。

個人的にはシャワーの方がオススメですね。昔ながらのお湯を桶で汲んで頭にかけるやり方だと、どうしても水量が不十分になってしまいますので。

シャンプー・洗髪に関する誤った知識をぶったぎる

髪の毛を洗いすぎるとハゲる

一時期流行した説ですが、髪の毛を洗いすぎるハゲるという説。これは誤りと言えます。

そもそも、この説の根拠として挙げられるのは、昔の人は洗髪回数が少なく、2~3日に1回、人によっては1週間や1ヶ月に1回という人もいた、だから現代人よりも薄毛の人が少なかった、という「事実」です。

なぜ事実に「」をつけたかというと、実は昔の人は髪の毛を洗う回数は少なかったというのは事実なのですが、現代よりも過去の方がハゲが少なかったというのは誤りだからです。

割と規模の大きな調査が80年代と2000年代に行われているのですが、全体の平均を比較すると、特別昔の方がハゲが少なかったという結果は得られないとのこと。

というわけで、洗髪の回数でそんなにハゲたりハゲなかったりの差が出ることはありません。もちろん、数時間に1回とか、狂気のようなペースで髪を頻繁に洗う生活を続けていると、頭皮が痛んで毛が抜けてしまう恐れはありますが。

髪の毛を毎日洗わないとハゲる

この説も上記の話で誤りだと分かりますね。

昔の人は現代人よりもはるかに髪を洗う回数が少なかったですが、特にハゲが多かったわけではありません。もちろん、皮脂が溜まって多少は頭が脂っぽくなるかもしれませんが、皮脂が多くてもハゲないのは今やAGAの常識です。

帽子やヘルメットを被って頭が蒸せたり、激しい運動をして汗をかいたまま寝てしまうと頭皮に雑菌が繁殖して、ハゲてしまうという説もありますが、これも極端な話です。

さすがに未開のジャングルで汗まみれになって頭が不潔な状態を続けると、皮膚病になって脱毛してしまうかもしれませんが、それだってAGAが原因ではありません。

この清潔な日本で、多少頭に汗をかいた状態で寝たからと言ってハゲる心配はないので大丈夫です。ただし、夏場なんかは臭いが発生して周りに不評ですし、自分でも気持ち悪いので髪を洗った方がいいですが。

質の悪いシャンプーを使うとハゲる

さすがに日本の販売基準を満たさないような海外製の劣悪な商品を使い続けると髪の毛が痛むリスクはありますが、それでも本来シャンプーに使わないような強烈な成分でなければハゲたりはしないでしょう。

日本で普通に販売許可を得て売っているシャンプーなら、普通の人なら問題ないと思います。体質によって合う合わないはあるので、特に頭皮が弱い方はその辺は考慮する必要はありますが。

別に育毛メーカーが開発した高級なシャンプーを使ったりする必要はありません。普通のシャンプーだって問題ないです。とは言え、育毛に良いと言われるシャンプーを使えば気分的に毛が生えた気になる、というのであれば、値段に納得すれば買うのもありかもしれませんね。

それから、ラウレス硫酸を含む合成系のシャンプーよりも、弱アミノ酸系のシャンプーの方が頭皮にやさしいのはその通りです。管理人は普通にTO●ICをばりばり使ってますが…。

朝にシャンプーするとハゲる

これも大ウソです。

AGAによる薄毛率が高い欧米人が朝にシャワーを浴びる人が多いから、こういう説ができたのかな?

別に朝にシャワーを浴びようが、夜に風呂に入ろうが、それだけでハゲたり禿げなかったりすることはないので安心してください。

敢えて、朝シャンの方がリスクが高い、ということについて言えば、通学や出勤などのせいで朝に時間の余裕のない人が、適当に雑な洗髪(特にすすぎをしっかりと行わない)を行う生活を繰り返していると、だんだんと頭皮にダメージが蓄積することがあるかもしれません。

結論

シャンプーの種類、髪を洗う時間帯・頻度は、常識的な範囲内であれば、AGAによる薄毛化には全く影響しません。

シャンプーは自分の感覚で合ったものを探せば十分です。育毛に効くという気分になれるのであれば少々効果な「育毛シャンプー」もあり、普通の安いので良いというのであれば市販品でOK。頭皮が弱くて刺激が気になるのであれば、弱アミノ酸系のものを使えばいいだけです。

時間帯・回数もしかり。朝でも夜でも大きな違いが出るわけではありません。回数も1日1回を標準として、1日2回や2日に1回、あるいは1週間に1回ぐらいであれば全然問題なし。

ただし、回数を減らす場合は、特に夏場に頭が臭くなるので、そこだけは気を付けてね、ということです。

結論としては、AGAは男性ホルモンの作用とそれに対する感受性の問題なので、基本的にシャンプーや洗髪は大きな影響をもたらさない、ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です