男性型脱毛症(AGA)になりやすい人とは?

男性型脱毛症(AGA)は多くの人において薄毛・ハゲの原因となっています。

それでは、どんな人がAGAになりやすいのでしょうか?

男性型脱毛症(AGA)になりやすい人の特徴

親族にハゲている人が多い

男性型脱毛症(AGA)になるかどうかで最も影響が大きいのは、遺伝的要因です。

もちろん、食生活などの生活習慣の影響も全くないわけではありませんが、遺伝的要因に比べたら影響は小さくなります。

もし、父方の家系と母方の家系の両方に男性型脱毛症(AGA)で薄毛・ハゲになっている人が多いのであれば、本人もAGAを発症する可能性がかなり高いと言えます。

一方、父方の家系だけ、または母方の家系だけに薄毛・ハゲが多く、もう片方はフサフサの人しかいない、というのであればAGAを発症する可能性はそれほど高くありません。

男性型脱毛症(AGA)にはさまざまな遺伝子が関係しているので、何か特定の遺伝子ひとつだけを両親から受け継いだらAGAになるというわけではありません。

あくまでも複数の遺伝子の組み合わせの結果です。

片親の家系だけがAGAの傾向が強いのであれば、もう片方の親の家系の遺伝子との組み合わせによって、AGAになりにくい体質になることはいくらでもあります。

ヒゲや体毛が濃いとハゲやすいのは本当か?

遺伝に関係しますが、体毛が濃いと男性型脱毛症(AGA)になりやすいかどうかの一つの「目安」にはなります。

男性型脱毛症(AGA)の発症には男性ホルモンが深く関わっています。

正確に言えば、男性ホルモンが直接AGAの原因となるのではなく、5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンを薄毛因子に変えてしまうことでAGAが引き起こされます。

男性型脱毛症(AGA)になるかどうかは5αリダクターゼの働きが強いかどうかによりますが、男性ホルモンが多いと、それだけ薄毛因子が作られることになります。

従って、5αリダクターゼの働きが強い方は、男性ホルモンが多いと男性型脱毛症になる可能性が高くなります。

体毛が濃いということは男性ホルモンが多いということなので、男性型脱毛症になりやすい可能性はありますが、確定ではありません。5αリダクターゼの働きが弱ければ、どれほど男性ホルモンが多くても、AGAの症状は出にくいからです。

実際、ヒゲや体毛が熊みたいに濃いのに、髪の毛もフサフサという方はたくさんいます。

不健康な生活を続けている。体に悪いものは毛にも悪い

暴飲暴食、喫煙、運動不足に睡眠不足と、不健康な生活習慣は男性型脱毛症を悪化させる原因となります。

正確に言えば、男性型脱毛症は男性ホルモンの働きによって起こるため、不健康な生活習慣が直接の原因となるわけではありません。

その証拠に、肥満になるほど暴食を繰り返したり、肺や肝臓を患うほどタバコやアルコールを嗜んだとしても、まったくハゲない体質の人であれば男性型脱毛症になることはないでしょう。

逆に、残念ながら、遺伝的に男性型脱毛症になる傾向が強い人は、どれほど日常生活に気を配ったとしても薄毛化は進行していきます。食い止めるためには、育毛剤や自毛植毛などの対策が必要となります。

しかし、普通の体質や少し男性型脱毛症になりやすい体質の人は、日常生活に気を付けることでフサフサとした髪の毛を維持したり、男性型脱毛症の進行を抑えたりすることができます。

逆に体に悪い生活は、男性型脱毛症による薄毛化を進行させる原因になります。

どんな人が男性型脱毛症(AGA)になりやすいのか?―まとめ

結論を言えば、遺伝的影響が最も大きくなります。

残念なことに、中には男性型脱毛症になることが運命づけられているような方もいます。そのような人では、育毛剤や自毛植毛などの対策を行わなければ、薄毛化の進行を食い止めることは難しいでしょう。

一方、それほど強力なAGA遺伝子を持っていない方の場合は、生活習慣も大切になります。

暴飲暴食、喫煙、睡眠不足、極端な運動不足は、いずれも髪の毛にダメージを与える原因となります。

そのため、不健康な生活習慣の人は、男性型脱毛症による薄毛・ハゲが悪化しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です