【育毛食】サケの赤身が薄毛・ハゲに良いというのは本当か?

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

男性型脱毛症(AGA)によって薄毛が進行している場合、何か特定の食べ物を食べるだけで改善するのは不可能です。育毛剤や自毛植毛などの根本的な対策を行う必要があります。

しかし、育毛剤を使う場合は、同時に髪の毛に良いと言われる食材を食生活に取り入れることで、サポート的な効果を期待できることもあります。

また、男性型脱毛症が原因ではなく、栄養の偏りや生活習慣の乱れなどが原因で髪の毛が弱っている場合は、育毛に良い食事に切り替えることで健康的な髪の毛を取り戻せるかもしれません。

これまでに大豆や唐辛子、玄米などを紹介してきましたが、今回は朝食の定番メニュー、鮭の赤身です。

サケの切り身に含まれるアスタキサンチンは成長因子を増加させる?

アスタキサンチンは強い抗酸化作用を持つ

アスタキサンチンとは、鮭の切り身に含まれる赤い色素です。

鮭だけでなくカニやエビなどの甲殻類の殻にも含まれています。

アスタキサンチンは非常に高い抗酸化作用を持っていることが知られています。

細胞の障害によって老化の原因となる活性酸素(フリーラジカル)の働きを抑える働きがあります。生物の体の中では、紫外線や過酸化脂質などの刺激物から生体を防御する因子として働いています。

また、アスタキサンチンは化粧品にもよく使われており、美肌効果も期待されています。

岡嶋教授の「IGF-1理論」では、アスタキサンチンは成長因子IGF-1を増やす

さらに、アスタキサンチンはIGF-1という成長因子を増やす働きがあることが示唆されています。

髪の毛の成長は、毛母細胞と毛乳頭細胞という二つの細胞が相互に働くことによって起こります。

毛乳頭細胞が、毛母細胞に増殖を促すシグナルを発することによって、髪の毛の元となる細胞が作られ、毛髪が成長していきます。

IGF-1は、この発毛を促すシグナルの一種です。

アスタキサンチンにはこのIGF-1を増やすことが期待されており、実際に岡嶋教授が行った試験では、アスタキサンチンを投与したAGA患者に育毛効果が確認できたとしています。

オススメはサーモンの刺身に鮭の塩焼き

サケと言えば何といっても塩焼き。

忙しい現代人はなかなか朝ごはんをしっかりと準備して食べる余裕はありませんが、鮭の塩焼きが出てくる朝食はとても豪華ですね。

主食は白米でもよいですが、玄米であればなお理想的。

玄米もまたIGF-1を増やすと言われており、鮭の塩焼きとセットで食べると最高の育毛食です。

それから塩焼きが面倒くさければ、サーモンの刺身もオススメ。

寿司屋に行くことがあれば、必ず食べたいメニューのひとつです。

最初にも書きましたが、男性型脱毛症(AGA)によって薄毛化が起きている場合は、食事だけで改善することはほぼ不可能です。

しかし、育毛剤などでしっかりとケアしつつ、補助的に食生活に育毛に良いメニューを取り入れていくのであれば、それは無駄なことではありません。

また、単に日ごろの不摂生が原因で髪の毛が弱っている場合は、食生活を改善すれば次第に良い影響が見えてくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です