ヒゲや体毛が濃いとハゲるのは本当か?

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

ヒゲや体毛が濃い、いかにも男性ホルモンの多そうな体質だと薄毛やハゲになりやすいのでしょうか?

薄毛やハゲに関するさまざまな説の中でも、最もよく聞く説のひとつであろう「ヒゲ・体毛が濃い⇒ハゲ」説を検証してみました。

ヒゲや体毛が濃いと薄毛・ハゲになるいう説は半分本当で半分ウソ

時間がない方は、最初のこの要約部分だけ読んでもらえればOKです。

ヒゲや体毛が濃くなるのは、男性ホルモンであるテストステロンの作用です。従って、ヒゲや体毛が濃い方ほど、テストステロンが多いと言えます。

一方で、男性型脱毛症は、テストステロンが5αリダクターゼと言う酵素によって変換されたジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンが、男性ホルモン受容体と結びつくことによって起こります。

従って、ヒゲや体毛が濃い方であっても、5αリダクターゼの活性の強さや、男性ホルモン受容体のDHTに対する感受性(受け入れやすさ)によって、AGAになるかどうかは変わってきます。

ヒゲや体毛が濃いければ必ずAGAによって薄毛・ハゲになるわけではありませんが、ヒゲや体毛の濃さがAGAと無関係というわけでもありません。

ヒゲや体毛が成長して太くなるのは男性ホルモン(テストステロン)の作用

なぜヒゲや体毛が生えたり、濃くなるのかというと、それは男性ホルモンの作用によってです(もちろん、他の体内物質も関係しています)。

男性ホルモンのテストステロンは、二次性徴時にヒゲや腋毛、陰毛などの、子供時代には軟毛と呼ばれる細い毛だった体毛を硬毛に成長させる作用を持っています。

これは男の子だけではなく、女の子も同様です。

テストステロンは基本的にはAGAを引き起こすことはありません。従って、ヒゲ・体毛が濃い⇒テストステロンが多い⇒ハゲる、という三段論法は誤りになります。

男性型脱毛症(AGA)のメカニズム

AGAは悪玉男性ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロン(DHT)が主な原因になって起こるとされています。

男性ホルモンのテストステロンは毛細血管を得て毛乳頭細胞に取り込まれますが、このとき、毛乳頭内の5αリダクターゼという酵素が、テストステロンをDHTに変換します。

DHTは、男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合し、毛乳頭細胞内の核内に入り込みます。

毛乳頭細胞は、髪の毛の元になる毛母細胞に、細胞分裂を行うように促すシグナルを発する役割を果たしていますが、DHT+男性ホルモン受容体の結合体が核内に入ると、なぜか今度は細胞分裂を阻害するシグナル(TGF-β)を発するようになってしまいます。

これにより、髪の毛の成長プロセスですヘアサイクルが短くなり、次第に痩せ細った短い毛髪しか生えなくなり、最後には「ハゲ」の状態になってしまいます。

5αリダクターゼはAGAを発症していない人の毛乳頭細胞内にも存在しています。ある試験によれば、AGAを発症した人とそうでない人において、5αリダクターゼの量はほとんど変わらなかったという結果も示されています。

それでは、何が問題になるのかというと、それは5αリダクターゼの活性の強さ、つまりどれだけ働くか、です。

AGAになるかどうかは、5αリダクターゼの活性と男性ホルモン受容体の感受性による?

5αリダクターゼの活性が強いと、より多くのDHTが生成されるので、AGAになりやすいと言えます。

ですが、AGAを発症するかどうかはそれだけで決まるわけではありません。

毛乳頭が脱毛を促進するTGF-βと言うシグナルを発するようになるには、DHTが男性ホルモン受容体と結合し、毛乳頭細胞の核内に入り込む必要があります。

ここで重要なのが、男性ホルモン受容体の感受性。男性ホルモン受容体は、必ずDHTと結合するわけではありません。どれだけDHTと結合するかは、感受性の強さによって決まります。

従って、DHTを多く生成しやすい=5αリダクターゼの活性が強い体質であっても、男性ホルモン受容体の感受性が弱ければ、AGAになる可能性は低くなるでしょう。

まとめると、AGAを発症しやすいかどうかの重要な因子は次の二つ。

  1. 5αリダクターゼの活性の強さ
  2. 男性ホルモン受容体の感受性

ヒゲや体毛が濃くても必ずハゲるわけではない

5αリダクターゼの活性の強さと男性ホルモン受容体の感受性がAGAの発症のしやすさに関わっているとすると、ヒゲや体毛が濃いからといって、必ずしも男性型脱毛症になるわけではないことが分かります。

ヒゲや体毛が濃い方は、確かに体内のテストステロン量が多いかもしれませんが、5αリダクターゼの活性が弱く、あるいは男性ホルモン受容体の感受性が弱ければ、AGAになる可能性は低くなります。

テストステロンがどれほど多かろうと、5αリダクターゼの活性が弱ければ、生成されるDHTは少なくなりますし、DHTが多く生成されたとしても、男性ホルモン受容体の活性が弱ければDHTと男性ホルモン受容体の結合が少なくなるからです。

逆に、体内のテストステロン量が多い方で、5αリダクターゼの活性や男性ホルモン受容体の感受性が強い方は、AGAを発症しやすいと言えます。

ヒゲが濃くなる現象と薄毛化が同時に起こったら要注意

5αリダクターゼは人間の頭では頭頂部と前頭部、ヒゲが生えている箇所だけ存在しています。

側頭部や後頭部がほとんどの人で薄くならないのは、5αリダクターゼが存在しないからだと言われています。

そしてDHTですが、いやらしいことに、頭頂部と前頭部では薄毛化を促進させるので、アゴなどのヒゲが生える部分ではなぜか毛を濃くする作用があります。

従って、ヒゲが濃くなる現象と額や頭頂部の毛が薄くなる現象が同時に起きたいる場合は要注意。

AGAを発症したシグナルかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です