頭皮に脂/皮脂が多いとハゲるのは本当か?

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

頭皮がテカテカに光るほどたっぷりと分泌された皮脂…いかにもハゲそうな頭ですよね。

かつての育毛サロンの宣伝では、皮脂がハゲにつながるという説が盛んにうたわれていました。

現在でも、皮脂が薄毛・ハゲの原因になると説明しているウェブサイトや育毛剤の販売サイトをときに見かけます。

本当に皮脂が薄毛の原因になるのか、徹底的に検証してみました。

皮脂は薄毛・ハゲの原因になるのか?

男性型脱毛症の原因は皮脂ではない

結論から言えば、皮脂が男性型脱毛症の原因になることはありません

男性型脱毛症(AGA)の原因は悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)です。DHTが男性ホルモン受容体と結合し、毛乳頭細胞に作用することで、脱毛を引き起こします。

DHTの生成のされやすさや、DHTに対する男性ホルモン受容体の感受性などは、遺伝的要因で決まるとされています。

つまり、男性型脱毛症を発症するかどうかは、遺伝的要因が大きいわけです。

皮脂が多いからと言って、そのことが原因で男性型脱毛症を発症するわけではないので、過剰になって皮脂を取ろうとする必要はありません。

男性型脱毛症になると皮脂が増える可能性はある

皮脂が男性型脱毛症の原因になることはありませんが、逆にAGAを発症すると皮脂が増える可能性はあります。

男性ホルモンのテストステロンは皮脂の分泌にも関わっています。

特に、AGAを引き起こす原因のひとつであるDHTには、頭部の皮脂の分泌を増加させる作用があると言われています。

つまり、皮脂が多いからAGAになるのではなく、AGAになったから皮脂が多くなる可能性はあります。

体質的に皮脂が多い場合はそれほど気にする必要はありませんが、もともと皮脂が少なかったのに増えてきたと感じた場合は、以下のAGAの症状が出ていないかチェックしてみてください。

  • 細く縮れた抜け毛が多い
  • 以前と比べて額の生え際が後退している
  • 以前と比べて頭頂部の肌が透けて見えるようになった

皮脂が増えてきた上に、上記の状態を伴う場合には、AGAを発症している可能性があるので、育毛クリックや皮ふ科を一度受診することをオススメします。

頭の皮脂が増える場合

皮脂が増える原因はAGAだけではないので、皮脂が増えたからと言って過剰に心配する必要はありません。

具体的には、以下の場合には皮脂が増えることがあります。

  • 年齢:女性では10~20代、男性では30~40代で皮脂の分泌量がピークに。
  • ホルモンの影響:男性では特にテストステロンの影響
  • 季節:冬には皮脂が多くなる傾向があります

男性では特に30代から40代には皮脂が増えます。

これは年齢に応じた自然な現象なので心配する必要はありませんが、この年代はAGAを発症し始める年でもあります。

なので、皮脂が特に多いと感じた場合は、AGAの兆候を示す抜け毛などがないかチェックするようにしましょう。

また、冬には特に皮脂が増えます。

管理人も経験がありますが、暖房などを入れて室内で作業していると、いつの間にか皮脂が増えていたという経験はあると思います。

いずれにせよ、AGAの症状を示していなければ、皮脂が多いからと言って心配する必要はありません。

皮脂は頭皮の保護に必要な物質

皮脂自体は、頭皮の保護において重要な役割を果たしています。

具体的には次のとおり。

  • 頭皮の水分蒸発量を調整
  • 頭皮に柔軟性と弾力性を与える(エモリント効果)
  • 角質層の過剰な剥離を防ぎ、滑らかにする
  • 有害物質の侵入を防止し、感染から守る
  • 熱さや寒さから守る(皮脂は熱伝導率が低い)
  • 皮ふ常在菌の餌となる

皮脂は抗菌的な作用や免疫機能を担う、大切な物質です。

男性型脱毛症の原因となるという誤った説に従って、シャンプーなどで過剰に皮脂を取ろうとすると、逆に頭皮環境に悪い影響を与えてしまうことになります。

皮脂を過剰に除ると、逆に皮脂の分泌量が増える

皮脂は本来体に必要なものです。そのため、過剰な回数のシャンプーなどで皮脂を取ると、体が反応してかえって皮脂の分泌量が増えることがあります。

皮脂の分泌量が増えたため、さらに頑張って皮脂の除去を行うという悪循環に陥ってしまうと、頭皮に負担がかかって逆に髪の毛によくないことになってしまいます。

AGAの場合でも、皮脂を取っても解決にはならない

AGAを発症し、薄毛化が進んでいる場合、皮脂が余計にハゲを悪化させるのではないかと心配する方もいるかもしれません。

しかし、結論から言えば、皮脂がハゲを悪化させることはありません。

最初に説明したように、男性型脱毛症による薄毛は、悪玉男性ホルモンDHTの作用によって起こります。

つまり、頭皮のレベルではなく、頭皮の内部で起こっている現象によって薄毛化が引き起こされているわけですね。

従って、いくら皮脂をシャンプーなどで落としても、AGAそのものの改善につながるわけではありません。

皮脂を除去するための適切なシャンプーの回数

皮脂自体は頭皮の健康のために不可欠なものですが、シャンプーを行わずに皮脂が頭に溜まっていくと、悪臭の原因になってしまうことになります。

また、AGAを発症して薄毛になっている場合は、髪の毛に皮脂が付着することで、ペタっと寝た以下にもハゲそうな髪になってしまいます。

皮脂は頭皮の健康に必要な物質ですが、適度に洗髪で流すことも必要です。

シャンプーの回数は季節にもよりますが、1日1回か2日に1回が基本です。

スポーツや仕事などで汗をかいた場合でも、1日2回が限度。それ以上の過剰な洗髪は、逆に頭皮にダメージをあたえてしまうことになります。

普通の生活習慣を送っている人であれば、1日に1回は髪の毛を洗うと思います。つまり、普通の頻度で洗髪を行えば問題ないわけですね。

結論:皮脂はハゲ・薄毛の原因とならない

頭の皮脂が男性型脱毛症を引き起こすわけではありません。

また、すでにAGAを発症している場合でも、皮脂が多いからと言って症状が悪化することもありません。

とは言え、皮脂が出た状態で洗髪を何日も行わないと、悪臭が発生し、日常生活に悪い影響は出てしまいます。そのため、1日1回のシャンプーは欠かせません。

ただし、男性型脱毛症を発症した結果、皮脂が増えることはあるので、細い縮れ毛の抜け毛が増えるなどAGAの兆候がないかチェックすることはオススメします。

もしAGAを発症した場合は、進行具合にもよりますが、基本的には育毛剤などを使って治療しなければ、薄毛化が進行してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です