育毛剤成分:1,3-ブタンジオール

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

1,3-ブタンジオールはアルコールの一種で、育毛剤や化粧品では主に「保湿効果」をもたらす成分として使われています。

略してBGと表記されることもあります。また、1,3-ブチレングリコール、1,3-ジヒドロキシブタンという呼び方もあります。

育毛剤における1,3-ブタンジオールの役割

1,3-ブタンジオールとは?

多価アルコールというアルコールの一種です。

少し粘り気のある無色透明の液体で、一般的に刺激性はない物質です。

天然由来の成分ではなく、アセトアルデヒドという物質から工業的に合成されて作られます。

人工的に作られた物質というとあまり良くない印象を持つ方もいるかもしれませんが、同じような用途に使われる植物性のグリセリンよりも刺激が少ないと言われています。

また、同じアルコールのエタノールと比べても皮ふへの刺激が少ないです。

1,3-ブタノールの

1,3-ブタノールには以下のような作用が期待されています。

  • 保湿
  • 抗菌
  • 防腐
  • 香りの保持

育毛剤や化粧品では保湿成分として用いられています。

1,3-ブタノールは水とよく馴染み、潤いのある肌を保つ目的で用いられます。

育毛剤に関して言えば、健康な頭皮環境を保つ働きが期待できます。

また、1,3-ブタノールはアルコールの一種なので、抗菌作用があります。

育毛剤の成分は、ボトルの開封後に長い期間放置しておくと傷みやすいものもあるため、1,3-ブタノール等のアルコールはそれらの成分を守るために用いられます。

また、アルコール自体に消毒作用があるので、ある程度は頭皮の殺菌にもつながります。

1,3-ブタンジオールに育毛効果はない

1,3-ブタンジオール自体はアルコールなので、育毛効果はありません。

敢えて言えば、保湿作用や殺菌作用によって、清潔で健康的な頭皮環境を維持する点に意味があるでしょうか。

頭皮をきれいな状態に保つことは、育毛剤の成分を頭皮にしっかりと浸透させるために大切なことです。

また、1,3-ブタンジオールに直接の育毛効果はないとは言え、育毛剤の質を安定的に長持ちさせるためには重要な成分です。

アルコール含有の育毛剤が気になるならノンアルコール育毛剤

1,3-ブタノールはアルコールの一種です。

アルコールは一定の刺激性を持つので、過剰に皮ふに接触させると、かゆみや肌荒れなどのトラブルの原因となってしまいます。

主要な育毛剤では、基本的に皮ふに接触しても問題ないアルコールを使っています。普通の健康的な頭皮の方であれば、アルコールを含む育毛剤を使っても問題となる可能性はほとんどありません。

高評価を得て売れている育毛剤であれば、基本的には安全性試験を実施しており、人の頭皮に使用しても問題ないかはちゃんと調べられています。

しかし、敏感肌の人の中には、アルコールを含む育毛剤を使用すると違和感やかゆみなどを感じてしまう方もいます。

その場合、そのまま問題となった育毛剤を使い続けることはできないので、すぐに使用をやめてください。

1,3-ブタノール自体は、エタノールよりも刺激が弱いと言われていますが、1,3-ブタンジオールが含まれる育毛剤にはエタノールも含まれていることが多いようです。

もし、アルコールが気になるのであれば、ノンアルコールの育毛剤を使用した方が良いです。

アルコール自体は育毛剤で重要な成分のため、ノンアルコールの育毛剤はあまりありません。現状で、最もオススメできるノンアルコールの育毛剤は、チャップアップです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です