男性型脱毛症用語集:ジヒドロテストステロン―AGAの原因ホルモン

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種です。略してDHTと表記されることもあります。

男性型脱毛症(AGA)は、ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結びつき、毛乳頭細胞の核内に入って作用することで起きます。

つまり、AGA対策においては、ジヒドロテストステロンが脱毛を引き起こさないようにすることが一つの方法となっています。

ジヒドロテストステロンの役割

ジヒドロテストステロンの役割は?

DHTはAGAを引き起こすことから、「悪玉男性ホルモン」という呼ばれ方をすることもありますが、体内でさまざまな働きに関わるホルモンでもあります。

例えば、男の子の場合、胎児期の生殖器の形成にジヒドロテストステロンが関わっています。そのため、ジヒドロテストステロンの生成を阻害するプロペシアは、妊娠・授乳中の女性では使用が禁忌となっています*。

*プロペシアは女性の男性型脱毛症には効果がないので、妊娠・授乳中でなくても女性では使用が認められていません。

また、その他にもDHTは以下の役割を持っています。

男性型脱毛症を引き起こす原因ホルモンのため、何かと悪役にされていますが、決して悪い作用だけを持っているわけではありません。

ジヒドロテストステロンとテストステロンの関係

男性ホルモンと言えば、最も有名なのはテストステロンです。

テストステロンは筋肉や骨格の形成、体毛の成長など、さまざまな働きを持っています。

実は、このテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって還元されることで、DHTが生成されます。

それでは、テストステロンが多いとDHTも多くなるのかという疑問が湧いてきますが、実はそう単純な話ではないようです。

ジヒドロテストステロンの生成量は5αリダクターゼの活性の強さによる

ある研究によれば、男性型脱毛症を発症している人と発症していない人を比較しても、5αリダクターゼの量に大きな違いはなかったと報告されています。

この問題については、もう少し調べてみる価値がありそうですが、むしろ5αリダクターゼの活性(働き)の強さの方が重要であると言われています。

つまり、体内に同じ量の5αリダクターゼを持っていたとしても、ある人ではその働きが強く、ある人ではその働きが弱いと、結果的に生成されるDHTの量が変わってくるというわけです。

5αリダクターゼの活性が強いほど、生成されるジヒドロテストステロンが多くなり、男性型脱毛症を発症する可能性が高くなります。

そして、5αリダクターゼの活性の強さは遺伝的な要因が大きく影響します。

ジヒドロテストステロンが男性型脱毛症(AGA)を引き起こすメカニズム

ホルモンは受容体と結合して作用する

男性ホルモン以外にも、人間の体にはさまざまなホルモンが存在していますが、ホルモンは単独で作用するのではありません。特定の受容体(レセプター)と呼ばれるたんぱく質と結合することで、初めて何らかの作用をもたらします。

これはジヒドロテストステロンでも同じであり、男性ホルモン受容体と呼ばれるレセプターと結合することで、初めて脱毛を引き起こします。

男性ホルモン受容体の感受性の強弱が男性型脱毛症を発症するかどうかに関わる

ジヒドロテストステロンの生成量が多くなると、それだけAGAを発症する可能性は高くなりますが、要因はそれだけではありません。

男性ホルモン受容体は必ずDHTと結合するわけではなく、反応しない場合もあります。これを感受性と言いますが、男性ホルモン受容体の感受性が強いほどAGAを発症する可能性が高くなるでしょう。

そして、男性ホルモン受容体の感受性の強さは遺伝的要因によって決まる可能性が高いとされています。

やや単純化して言えば、男性型脱毛症の発症のしやすさは次の図のようになります。

[図]

ジヒドロテストステロンが脱毛を引き起こすメカニズム

ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結びつくと、毛乳頭細胞の核内に入ります。

毛乳頭細胞は、本来であれば、毛母細胞と言う髪の毛の元になる細胞に細胞分裂を促すシグナル(FGF、IGFなど)を発しています。

しかし、DHT+男性ホルモン受容体の結合体が作用すると、なぜか脱毛を促すシグナル(TGF-β)を発し始めます。

これにより、毛母細胞の細胞分裂の活性が低下していき、次第に髪の毛が細く短くなっていき、最終的に産毛のような毛しか生えなくなってしまいます。この状態が「ハゲ」と言われる状態です。

なぜ男性型脱毛症では頭頂部や前頭部だけハゲるのか

男性型脱毛症では、前髪か頭頂部、あるいはその両方が薄くなっていきます。

その一方で、前頭部と頭頂部がつるつるになってしまった場合でも、側頭部や後頭部には通常髪の毛が残っています。

これは、5αリダクターゼが前頭部や頭頂部にだけ多いことが原因と考えられています。しかし、なぜそうなっているのか理由は不明なままです。

いずれにせよ、自毛植毛によって側頭部や後頭部の髪の毛を移植してもハゲることがないのは、このような理由からです。

また、男性ではヒゲが生える箇所にも5αリダクターゼが多いとされていますが、なぜかジヒドロテストステロンはヒゲには対して濃くなるように作用するようです。

男性型脱毛症の治療方法の一つは5αリダクターゼの阻害によるDHTの生成の抑制

AGAの治療方法にはいくつかのタイプがありますが、最もオーソドックスなのが5αリダクターゼの阻害によるものです。

現在医薬品に指定されている数少ない育毛剤のプロペシアは、フィナステリドという5αリダクターゼの阻害作用を持つ有効成分を含んでいます。

また、生薬ではノコギリヤシが5αリダクターゼの阻害作用を持っているとされています。

5αリダクターゼの作用を阻害すれば、テストステロンから変換されるジヒドロテストステロンの量が減るので、男性型脱毛症による薄毛化が緩和・改善します*。

*体質やAGAの進行具合によって効き目はことなります。

ジヒドロテストステロンと男性型脱毛症の関係のまとめ

ジヒドロテストステロン(DHT)は男性型脱毛症(AGA)の原因となる男性ホルモンです。

テストステロンという男性ホルモンが、、5αリダクターゼという酵素によって変換されることで、DHTが作られます。

DHTは単独でAGAを引き起こすのではなく、男性ホルモン受容体と結びつくことによって、はじめて薄毛化を引き起こします。

DHTによって男性型脱毛症が起きる可能性は、①5αリダクターゼの活性の強さ、②男性ホルモン受容体の感受性の強さ、の二つによって決まります。この二つは、遺伝的要因が大きいと言われています。

男性型脱毛症の治療に使われる育毛剤には、5αリダクターゼの作用を阻害することで、生成されるジヒドロテストステロンの量を抑制するタイプのものがあり、現在の育毛剤で主流となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です