食事だけでハゲ・薄毛を改善することはできるか?

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

できることなら育毛剤や育毛サロンなどは利用せず、食生活だけでハゲ・薄毛を改善できれば理想です。

しかし、食生活で改善できる可能性が高い場合もあれば、難しい場合もあります。

食生活で改善できるタイプの薄毛

乱れた生活や食事で髪の毛が弱った場合は可能性あり

髪の毛の成長には多くの酸素や栄養分(アミノ酸やミネラル)が必要になります。

髪の毛の元となる細胞が細胞分裂を行って増殖するためには、多くのエネルギーが必要になるからです。

ところが、栄養バランスの偏った食事や、食べ過ぎ、あるいは逆に栄養不足の状態が続くと、髪の毛が少しやせ細ってくることがあります。

もちろん、この場合は、男性型脱毛症(AGA)や円形脱毛症ほど目に見えて薄毛になったり、脱毛するわけではなく、「ちょっと髪の毛がダメージ受けてるか」といったレベルです。

この場合、しっかりと栄養バランスの取れた食事を取るようにし、適度な睡眠や運動も確保すれば、弱った髪の毛が再び健康的になる可能性は十分にあります。

食生活で改善することが難しいタイプの薄毛

男性型脱毛症(AGA)による薄毛

男性型脱毛症(AGA)は主に男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)が原因となって起こる脱毛症で、ハゲに悩む多くの男性で薄毛の原因となっています。

AGAになると、前頭部(おでこ)や頭頂部、またはその両方の髪の毛が次第に薄くなっていき、最終的にハゲと呼ばれる状態になってしまいます。

最初に書いたように、AGAの原因は男性ホルモン。

従って、食生活を改善するだけで、AGAによる薄毛化を予防したり、改善できる可能性は非常に少ないです。特に、ある程度進行したAGAの場合、その可能性はほぼないでしょう。

AGAによる薄毛・ハゲを改善したいのであれば、育毛サロンに通ったり、育毛剤を使うことが必要になります。

とは言え、AGAの場合でも食生活に気を付けることには意味がある

育毛剤を使ってAGA対策を行う場合でも、食生活の改善は重要です。

髪の毛の成長に必要な栄養分をしっかりと、かつ適度に摂ることで、いわゆる「育毛環境」が整えられるからです。

暴飲暴食や栄養バランスを欠いた食事を続けている場合と、育毛に良いと言われる食材を中心に健康的な食生活を送っているのとでは、同じ育毛剤を使っていたとしても、後者の方がよりよい効果を得られる可能性が高くなります。

男性型脱毛症(AGA)の場合、確かに食事だけで改善は難しいかもしれませんが、むしろ育毛のサポート的な役割を果たしてくれます。

育毛生活にオススメの食材

「これを食べれば髪の毛が生えてくる」といった魔法のような食材はありません。あくまで、栄養バランスの良い食事を、腹八分目で取ることが重要です。

それでも、育毛に良いと言われる食材を利用すれば、少しは食事に違いを出すことができます。また、「育毛に良いものを食べている」という心理は精神的にもプラスになります。

オススメの食材をいくつか紹介しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です