健康的な食事で育毛をサポートしろ!

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

何かこれを食べればそれだけで髪の毛がフサフサになる…薄毛の方なら誰もが夢見る話ですが、残念ながらそんな奇跡の食べ物は存在しません。

とは言え、食事と育毛の関係はけっこう重要です。しっかりと健康的な食事を適度な量食べる生活を続けていれば、酒を飲みすぎたり、コンビニ弁当やファーストフードばかり食べ続ける生活を送るよりは、髪の毛にプラスになるはずです。

今回は、食事と薄毛、育毛の関係について詳しく見てみたいと思います。

体の健康に良いものは髪の毛や育毛にもよい

時間がない方はここだけでも読んでください。

結論から言ってしまえば、健康的な食生活を心がけていれば、髪の毛や育毛にとってはプラスになりこそすれ、マイナスにはなりません。

ついでに、髪の毛に良い食事というのは体全体の健康にとってもよいため、食生活の改善を育毛に取り入れて実践すれば、一石二鳥になってお得です。

では、どんな食事が育毛によいのか?

と言っても、特別なメニューがあるわけでなく、一般的に栄養学などで推奨される内容で問題ありません。考えるのが面倒だという人は、主食(米・パン)、主菜(肉・魚)、副菜(野菜類)、汁物の4種類で考えるといいでしょう。

また、育毛に良いと考えられている食材、例えば大豆などを積極的にメニューに取り入れるのも有効です。実際に顕著な効果があるかどうかは別として、「育毛に良い食べ物を食べている」という心理効果はプラスに働きます。

それから、内容もさることながら、量も重要です。いくら健康的なメニューでも食べ過ぎては意味がありませんからね。

具体的なメニューについて別のページで詳しく紹介しているのでまた参考にしてください。

重要!

男性型脱毛症(AGA)が進行している場合、食事だけで薄毛化を食い止めることはほぼ不可能です。いくら大豆が育毛に良いと言っても、そればかり食べ続けても症状は治まらないでしょう。

AGAによる薄毛化がはっきりしている場合は、フィナステリドやミノキシジルを含有する育毛剤を使わなければ、薄毛化を食い止めることは難しいでしょう。

とは言え、育毛剤を使っているからと言って、それ以外は自堕落な生活を送ることはあまり進められません。育毛剤を使っているからこそ、食生活を整えて髪の毛の成長にふさわしいコンディションを作るべきです。

フードファディズムに要注意

フードファディズムとは、食物や栄養が健康や病気に与える影響を過大に評価したり、信じたりすることです。「~は体に悪い」とか、「~を食べると痩せる」などの考え方ですね。

この用語は主に健康食品などに関わるものですが、薄毛と育毛に関しても例外ではありません。

最初に書いたように、何か特定の食べ物を食べただけで薄くなっていた髪の毛が急に濃く成長することはありません。

そもそも、プロペシアやミノキシジルのような医薬品でさえ、最低でも半年間は服用しなければ十分な効果が得られないとされています。

もちろん、大豆などの髪の毛に良いことが分かっている食べ物を、過剰にならない程度に積極的に食べることはオススメできます。心理的にプラスになることが多いですし、また少ないとしても実際に育毛に良い影響を与えるかもしれません。

この辺りはバランスの問題になってくるので、個々人がしっかりと判断する必要はあります。大事なことは、特定の食べ物ですぐに髪の毛が生えてくることはないということを前提に、さまざまな育毛関連商品の宣伝文句につられないことです。

長い友と書いて髪、自分の髪の毛ぐらいはコマーシャルに流されずに自分でしっかりとケアしてあげたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です