育毛剤を選ぶ5つのポイント!

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

育毛剤は最低でも半年は使用しなければ効果は出ません。これは、医薬品として処方されるプロぺシアや、薬剤師がいなければ購入することができないリアップも同様です。

半年という期間使用するのに、変な商品を選んでしまっては損ですよね。育毛剤を買ってから6ヶ月にミスった!と後悔することほど悲しいことはありません。

というわけで、後で後悔しないために育毛剤を選ぶときの重要なポイントを5つまとめました。

育毛剤を選ぶときのポイント3つ

1. 医薬品または医薬部外品指定

これ、いちばん重要なポイントです。

基本的に効果・効能が認められるのは医薬品か医薬部外品のみ。その他の商品は、どれほど育毛という言葉を使用していたとしても、効き目は弱くなっています。

医薬品や医薬部外品以外のものは基本的に満足できる効果は少ないと言えるでしょう。

最初に大事なことは、使おうと思っている商品が医薬品または医薬部外品に指定されていることです。

2. 全額返金保証がついていること

育毛剤の中には、一定期間の間にサービスを解約すれば、支払った金額が全額帰ってくる制度をつけている商品もあります。

育毛剤と使用する人の相性はさまざまなので、一般的に評価が高い育毛剤でも、どうしても合わない体質の方もいます。そんなときに心強いのが全額返金保証。

育毛剤を使った時間は取り戻せませんが、少なくともお金は帰ってきます。というわけで、二つ目に考慮すべき条件は、全額返金保証がついているかどうかということ。

全額返金保証の条件に注意!

一見素晴らしい制度のように見える全額返金保証ですが、甘い話には裏があるのは当然のこと。

残念ながら、返金保証と言いつつ、さまざまな条件がついている商品も少なくありません。購入予定の育毛剤が全額返金保証つきだったとしも、まずはその条件を検討する必要があります。

詳しくは別のページで解説していますが、ここで一つだけ挙げておくと、返金保証の有効期間はしっかりと確認しておいてください。

3. 商品説明に誤ったAGAの説を使っていないか

皮脂が多いとハゲるだとか、帽子やヘルメットをずっと被っているとハゲるだとか、シリコンシャンプーを使っているとハゲるだとか、AGAに関してはさまざまな都市伝説があります。

気になった育毛剤の広告をよく見てください。誤った情報を使って、不安を煽るような説明を行っているものは要注意です。AGAに関して必要最低限の正しい知識もない、あるいは知っているのに嘘の情報を書くような商品は、購入するに値しないでしょう。

特に要注意なのが皮脂。いくら皮脂が多くても、それでAGAになったり、男性型脱毛が進行するわけではありません。最近ではさすがに少なくなってきましたが、皮脂を薄毛の原因として、皮脂除去のための商品やサービスを購入させるのが常とう手段でした。

繰り返しますが、AGAに関する誤った情報によって説明を行っている商品は要注意です。

4. 含有成分の効果を過剰に宣伝していないか

現状で効果があると認められているAGA対策は、5αリダクターゼの阻害か、毛乳頭細胞の活性化、この二つのみです。

頭皮の血流に関しては保留。髪の毛に関わらず、細胞分裂は大きなエネルギーを必要とするので、何らかの良い影響はあるかもしれませんが、育毛ということになると、科学的なエビデンスはない状態です。

というわけで、まともな育毛剤のアピールポイントとしては、5αリダクターゼの阻害、それから毛乳頭細胞の活性化、この二つのどちらかないし両方の効果がある成分、ということになります。

それ以外の要素、例えば頭皮環境を整えるとか、正直に言えばないよりかはマシ、というレベルです。上記の二つの作用を持つ成分以外を過剰に宣伝している商品はちょっと…という感じですね。

アルコール含有かノンアルコールか

育毛剤の中にはノンアルコールであることを売りにしている商品もあります。

現在発売されている育毛剤の多くにはエタノールと呼ばれるアルコールが含まれています。なぜエタノールを含むかというと、商品の品質維持や成分の溶解が主な理由です。

他には、育毛剤の浸透性を増やすために皮脂を溶かす効果や、頭皮を清潔に保つための殺菌作用を理由としていることもあります。正直に言えば、普通に毎日髪を洗っていればわざわざ育毛剤で頭皮を殺菌する必要はないと思うのですが…。

いずれにせよ、エタノールはある種の刺激物質ですので、体質的に合わず、痒みなどが出る方もいます。刺激に弱い場合は、ノンアルコールのものを選ぶとよいでしょう。

とは言え、育毛剤を初めて使う場合は頭皮がアルコールに弱いかどうかなんてわからないもの。そういう時のために、全額返金保証のあるものを選ぶべきです。

5. 変なオプションがいろいろとついていないこと

育毛剤の本質はあくまで薄くなりつつある髪の毛を育毛すること。それは育毛剤そのものによって成し遂げられるものです。

それなのに、育毛サプリメントやヘアケア商品など、無駄にオプションを付けてくる商品は要注意。オプションが有料、それもかなり高い価格設定の場合は問題外。

育毛剤はあくまで育毛剤で勝負するような商品を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です