市販の育毛剤は効かないって本当?

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

育毛剤についてときどき耳にするのが「市販の育毛剤は効かない」という説。

この説が本当なのか、検証してみました。

市販の育毛剤は、処方箋がなければ手に入らない育毛剤よりも効果がマイルドなものが多い

結論から言えば、市販の育毛剤だからと言って効かないというわけではありません。

育毛剤の中には、医薬品指定のものと医薬部外品指定のものがあります。

医薬品は医薬部外品よりも効果が強いものとされています。また、その分副作用のリスクが高くなります。

育毛剤で言えば、プロペシア、ザガーロ、リアップが医薬品指定になります。

一方、医薬部外品には、ポリピュアEX、M-1育毛ミスト、濃密育毛剤BUBKA、チャップアップなどの主要な市販の育毛剤があります。

医薬品の育毛剤には処方箋が必要なものと、処方箋なしで購入できるものがある

医薬品という区分はさらに、医療用医薬品と一般用医薬品に分かれます。

どちらも医薬品という点では同じですが、医療用医薬品は医師の処方箋がなければ購入することができません。

一方、一般用医薬品はドラッグストアで購入することができるものもあります。

育毛剤で言えば、プロペシアとザガーロは医療用医薬品で、育毛クリニックや皮膚科を受診して医師に処方箋を出してもらわなければ、原則として手に入れることはできません。

リアップは一般用医薬品に指定されているため、ドラッグストアや一部の通販サイトなどで購入することができます。

「市販されている育毛剤は効果がないのか?」という話で言えば、リアップは市販されている育毛剤にあたります。

リアップは現在日本で手に入る育毛剤の中では最も効果が強いものとして考えられているので、これだけを考えるなら市販の育毛剤だからと言って効果がないわけではないことになりますね。

医薬部外品の育毛剤の中にも効果が認められているものはある

それでは医薬部外品の育毛剤はどうでしょうか?

確かに医薬部外品の育毛剤は、医薬品に指定されている育毛剤よりは効果がマイルドになります。

というのも、医薬品では人工的に合成された作用の強い有効成分が含まれているのに対し、医薬部外品の育毛剤では基本的に生薬由来の成分が含まれているからです。

もちろん、その分副作用のリスクは少なくなります。

ただし、これは「効果が全くない」ということではありません。

実際、育毛剤が医薬部外品として認められるには、指定の有効成分を含んでいる必要があります。

現在認められている医薬部外品の育毛有効成分は、センブリエキス、ジフェンヒドラミン塩酸塩、そしてグリチルリチン酸ジカリウムです。

これらの成分はフィナステリド(プロペシアの有効成分)やミノキシジル(リアップの有効成分)よりは育毛効果は弱いかもしれませんが、それでも頭皮の血行改善や毛乳頭細胞の活性化などの働きが認められています。

市販の医薬部外品指定の育毛剤がオススメなのは?

プロペシアやリアップなどの医薬品指定の育毛剤は、すでに男性型脱毛症がある程度進行している方向けという意見があります。

頭頂部や前頭部などの薄毛が目に見えるほど進行しているのであれば、まずは育毛クリニックや皮膚科の受診をオススメします。

一方、ちょっと頭髪が薄くなって不安になってきたという方や、まだ薄毛にはなっていないけど家族などの状況から予防的に育毛剤を使いたい、という方には、効果のマイルドな医薬部外品の育毛剤がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です