育毛に効果的な生活とは結局健康に良い生活なわけで。

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

世の中には育毛によい食べ物や、薄毛対策に関する情報がたくさん溢れていますよね。

大豆を食べれば薄毛に効く、いや海草類だ。ストレスとが蓄積するとハゲてくる、夜更かしばかりするとハゲてくる、などなど。中にはしっかりとした科学的根拠がある説もあれば、今では誤りであることが分かっている説まで、まさに玉石混交と言った感じです。

それらを一つ一つ検討していたらキリがないので、長年ハゲについて悩み、調べてきた管理人が育毛に良い健康的なライフスタイルをまとめてみました。

育毛に効果的なライフスタイル

睡眠時間

睡眠時間は最低5時間は確保したいところ。各人の体質にもよりますが、7~8時間の睡眠がやはり理想です。

また、毎日の寝る時間帯が安定していれば多少遅くなっても大丈夫だと思いますが、成長ホルモンが最も分泌されると言われている夜10時~2時の間に寝られれば最高です。

たまになら問題ないと思いますが、睡眠時間2~3時間や徹夜は基本的に髪の毛にはよくないので、できるだけやめましょう。

食事は1日3食、朝が忙しければ軽食+昼と夜の2食が理想。個人の毎日の消費カロリーにもよりますが、主食(ご飯、パン)、肉類、魚類、野菜をバランスよく、適度な量食べるのが理想です。

もちろん、大豆など髪の毛に良いと言われている食べ物を過剰にならない程度に食べるのもオススメです。

髪の毛は毛母細胞が細胞分裂することで成長していきます。細胞分裂には大きなエネルギーが必要となるため、当然毎日必要な栄養分を食事から摂る必要があります。

日本で普通の食生活を送っていれば栄養失調になることはないと思いますが、栄養分が足りないと当然髪の毛のやせ細って抜け毛が増えてくる可能性はあります。

一方、食べ過ぎと薄毛の関係については、髪の毛によくないという説と関係ないという説があって今のところ結論を出すことは難しいようです。かなりの肥満体で糖尿病を抱えている人でも、髪の毛がフサフサというのは割と見かけますしね。

食べ過ぎると消化に多くのエネルギーが使われてしまうのは間違いないようです。ただ、そのエネルギーの消費が髪の毛の成長にまで影響があるのかどうかは不明。

ストレス

適度なストレスは心身にプラスの影響を与えるようですが、複数のストレスが長い期間かかり続けると、逆に心身に悪影響を及ぼします。

特に、ストレス因子と呼ばれるストレスの元が複数存在する場合は要注意。相乗効果によって、ストレスの原因がひとつの場合よりも、遥かに悪い影響を及ぼします。

AGAによる脱毛とストレスの関係については正確なところはわかっていないようです。ただ、AGAによって薄毛になりつつある状態で、さらにストレスによるダメージが加わると影響がありそうな気はしますが…。

むしろ、ストレスが引き金になるのは円形脱毛症の方が多いです。

とはいえ、過剰にストレスがかかった状態が続くと、免疫力が落ちたりして心身が弱ってくるので、なるべく不要なストレスは回避すべし。

運動

運動しなければAGAが悪化するというわけではありません。

ただし、有酸素運動は血の巡りがよくなるので、髪の毛の成長に多少はプラスになるのかな?という感じです。いずれにせよ、適度な運動は心身によい影響をもたらすので、なるべく行いたいところ。

ちなみ、バーベルやダンベルなどを使ったウエイトトレーニングを行うと、体内のテストステロン量が増加します。AGAになっていない場合は特に問題ありませんが、ある程度AGAが進行している方では、薄毛が悪化する可能性があるので要注意です。

シャンプー・洗髪

シャンプーについても、商品や回数、洗い方についていろいろな意見が出ていますね。結論から言えば、すすぎをしっかりと行えば、他の要素はそんなに影響ないかな、という感じです。

回数は1日1回が標準的。夏場に運動する場合は2回行っても問題ないですし、冬場であれば2日や3日に1回でもいいでしょう。

髪の毛にやさしい洗い方を説明しておくと、まずは温かいお湯でしっかりと髪の毛を濡らします。それから適量のシャンプーを手に取り、毛髪につけて洗い始めます。

爪を立てずに、指の腹で軽くマッサージするように洗います。そして大事なのがすすぎ。シャワーでシャンプーの成分が残らないようにしっかりと洗い流します。髪の毛の長さにもよりますが2~5分程度は時間をかけるようにしましょう。

結論:規則正しい生活が髪の毛にも良い

育毛的に効果的なライフスタイルを見て、なんじゃこれはと思った方もいるかもしれません。洗髪の方法以外は、よく言われる健康的な生活そのまんまですからね。

とは言え、結局髪の毛も体の一部なので、健康に良い生活というのが髪の毛に良い生活にほぼ一致します。

AGAが進行してくるとライフスタイルの改善だけでは食い止められない

残念ながら、5αリダクターゼによって生成されるジヒドロテストステロンの量が増え、AGAによる薄毛化が進行してくると、健康的な生活を送るだけではなかなか改善は難しいようです。

その場合は、5αリダクターゼを阻害したり、毛母細胞を活性化させる成分を含む育毛剤の使用が不可欠になります。

とは言え、健康的な育毛に良いライフスタイルが無駄かと言えば、決してそんなことはありません。

同じ育毛剤を使うにせよ、健康的な生活を送る人と、食べ過ぎ飲みすぎで、睡眠不足が続き、ストレスに苛まれている人では、前者の方がより早く効果的に育毛できる可能性が高いでしょう。

健康的な生活は、髪の毛がしっかりと育つ土壌づくりのようなものです。

中には、どれだけ不健康な生活を送っても、髪の毛だけはフサフサという人もいます。一方で、どれだけ健康的な規則正しい生活を送っていても、AGAを発症してしまう方もいます。

多くの普通の人は、この両極端な人たちの間のどこかに位置します。その時に、ライフスタイルの内容は決して少なくない影響を与えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です