育毛剤成分:イソフラボン

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

イソフラボンは大豆に良く含まれる成分です。

女性ホルモン(エストロゲン)と構造が良く似ており、また同じような働きを持つことからエストロゲン様物質と呼ばれることもあります。

何となく女性ホルモン=育毛に良いという印象があると思いますが、本当にその通りなのでしょうか?調べてみました。

育毛とイソフラボンの関係

抗酸化によるアンチエイジング

イソフラボンは抗酸化作用が期待されています。

細胞や体の酸化は老化の原因。

髪の毛に関係する頭皮や毛包内の細胞が酸化してしまうと、髪の毛が弱ってしまう可能性があります。

老化による薄毛化と男性型脱毛症(AGA)による薄毛化は基本的には性質が違いますが、それでもAGAで弱った髪の毛に老化によるダメージをさらに与えてしまうことは避けたいですよね。

抗酸化によるアンチエイジングは頭皮の育毛環境を整えるのに重要です。

5αリダクターゼの活性を抑える

プロペシアの有効成分であるフィナステリドのように医薬品として認められているわけではありませんが、イソフラボンには5αリダクターゼの活性を下げる作用があることが示されています。

イソフラボンには一部の男性において前立腺がんのリスク低下に相関があることが厚労省の研究で分かっていますが、実はこの前立腺がんの発症に5αリダクターゼが関わっています。

そう言えば、フィナステリドはもともと前立肥大の治療薬として研究されていたものです。

実際、オスのマウスを使ったある実験では、大豆イソフラボンの摂取によって血中ジヒドロテストステロン(DHT)濃度が低下した可能性があることが示されています。

イソフラボンが男性型脱毛症(AGA)の予防や治療に効果があると科学的にはっきりと認められているわけではありませんが、数々の証拠から良い作用があることは期待して良さそうです。

岡嶋教授のIGF-1理論とイソフラボン

岡嶋教授が提唱した、適度な刺激を体に与えることで、IGF-1という成長因子を増やして育毛を行う「IGF-1理論」では、イソフラボンは重要な物質であるとされています。

IGF-1を増やすためにはCGRPという物質が必要になるのですが、イソフラボンにはこのCGRPを増やす作用があるとのこと。

胃に刺激を与えてIGF-1を増やすために効果的なのは、唐辛子に含まれるカプサイシンという物質で、イソフラボンとカプサイシンを一緒に摂取することが育毛に良いと主張されています。

料理で言えば麻婆豆腐がオススメ。

また、岡嶋教授は、イソフラボンとカプサイシンを含んだ「ダブルインパクト」という育毛サプリメントも開発しています。

さまざまな健康食品に使われるイソフラボン

イソフラボンとは?

イソフラボンはフラボノイドの一種です。フラボノイドとは、植物に含まれる色素や苦味、辛味の成分のことです。

その性質のとおり、植物類に含まれており、特にマメ科のほとんどの植物が多量のイソフラボン類を含んでいます。

具体的に言えば、オランダビユ、ダイズ、サヤマメ、ムラサキウマゴヤシ、モヤシ、葛根、ヒヨコマメ、アルファルファ、ピーナッツなどです。

また、これらの豆類を原料とした加工食品においても、変わらないレベルのイソフラボン含有量が維持されています。大豆などはイソフラボンを多く含む食材として有名ですよね。

発酵食品である味噌では、なんとイソフラボン含有量が増えているとまで言われています。

ちなみに、イソフラボンは単体の物質の名称ではなく、ゲニステインやダイゼインなどいくつかの物質の総称です。

イソフラボンのエストロゲン用作用と安全性

さて、イソフラボンと言えば何よりも女性ホルモン(エストロゲン)のような働きを持つことが知られています。

女性ホルモンは女性ホルモン受容体と呼ばれるタンパク質に結合して、さまざまな働きを行います。イソフラボンは女性ホルモンと構造が似ているため、この女性ホルモンと結びつくことができます。

その結果、女性ホルモンと同様の働きを示すわけですね。

ただし、さすがに本物の女性ホルモンと比較すると、女性ホルモン受容体と結合する割合はかなり低くなっています。

イソフラボンのエストロゲン様作用については諸説あり、体に良い作用をもたらす側面とあまり良くない作用をもたらす側面の両方があるようです。

良い面から書けば、更年期障害や2型糖尿病の改善に効果があると言われています。

更年期の女性が悩む骨粗しょう症に対して、イソフラボンを含む特別健康食品(略してトクホ)の中には、「骨の健康維持に役立つ」という表示が許可されたものもあります。

また、厚生労働省が行った大規模なコホート研究では、食品からのイソフラボンの摂取量が多いほど、日本人女性の乳がんや脳梗塞、心筋梗塞のリスクが低く、日本人男性の一部では前立腺がんのリスクが低いとの相関があることが示されています。

一方で、イソフラボンを過剰に摂取すると乳がんや子宮体がんなどのリスクが増えるのではないかという説もあります。

イソフラボンの安全な1日の上乗せ摂取量の上限値は30mg/日に指定されています。この摂取量内であれば、基本的に問題はないとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です