育毛剤「M-1育毛ミスト」の分子ピーリングって何?-育毛剤成分の頭皮への浸透力を向上

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

サラヴィオ化粧品が開発・販売する育毛剤、「M-1育毛ミスト」の最大の特徴は、髪の毛の成長を促進する「マイクロセンサー理論」です。

しかし、M-1育毛ミストにはもう一つの特徴があります。それは「分子ピーリングによる育毛剤成分の浸透力UP」。

この説明だけ聞くと、何のこっちゃ?と思うので、少し調べてみました。

M-1育毛ミストの分子ピーリングとは何か?

ピーリングとは古い角質を落とすこと

皮膚の垢は、もともとは皮ふの細胞だったものです。普段は意識することはないかもしれませんが、人間の皮膚の細胞はかなり早いスピードで入れ替わっており、古くなった細胞=角質は垢として剥がれ落ちていきます。

これは頭皮でも同じで、髪の毛で隠れていて他の皮ふほどは分かりにくいですが、頭皮の皮ふもまた古くなると垢となって落ちていきます。

フケは、この垢が大量に発生したときにできるものです。頭皮の垢は小さく、量もそれほど多くないので、普通は目立ちません。

さて、M-1育毛ミストの分子ピーリングの「ピーリング」とは、この垢、つまり古くなった角質を落とすことです。

そもそもなぜ育毛剤に、角質を落とす働きが必要なのか、ということですが、そこには育毛剤の成分の浸透力という問題があります。

育毛剤の効果を最大限に発揮するためには、成分がしっかりと浸透することが必要!

プロペシアやザガーロなどの育毛剤は、口から摂取する経口薬です。また、ノコギリヤシエキスなどを主成分とする育毛サプリメントも口から摂取します。

しかし、育毛剤の多くは、基本的に頭皮に直接塗布し、マッサージなどで馴染ませるタイプのものが主流です。

そこで大切なのは、塗布した育毛剤の成分がどれだけ頭皮に浸透するか。

いくら素晴らしい成分を含む育毛剤でも、頭皮にほとんど成分が浸透しなければ無意味ですね。

従って、塗布タイプの育毛剤では、成分の浸透力が非常に大切になります。

頭皮が皮脂などで汚れていると育毛剤の成分の浸透力が落ちる

塗布タイプの育毛剤では、使用前に髪の毛を洗髪することが推奨されています。

これは、皮脂や垢などで頭皮が汚れていると、それらがバリアのようになって育毛剤の成分の浸透力が落ちるからです。

ちなみに、かつては薄毛や脱毛の原因とまで言われていた皮脂ですが、基本的には薄毛を起こすことはありません。

逆に、皮脂は頭皮を保護するために必要なものなので、健康的な人間であれば毎日一定量は分泌されています。

皮脂が原因で薄毛となるのは、脂漏性脱毛と言って、極端に皮脂が増え、そのまま髪の毛を洗わずにずっと放置していた場合などです。

毎日、髪の毛を洗っていれば、皮脂が問題となることはありません。また、1日に髪の毛を何回も洗って皮脂が慢性的に少ない状態になると、逆に体の方が皮脂を出そうとして悪循環になるため、洗い過ぎもまた厳禁です。

M-1育毛ミストの分子ピーリングは栄養の毛根への通り道を整える!

M-1育毛ミストの分子ピーリングとは、公式サイトの説明によれば、次の働きがあるようです。

1. 栄養の通り道を整える
2. 栄養を毛根まで届ける

要は、頭皮の皮脂や垢(古い角質)を落とし、育毛剤の成分を届けやすくする、ということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です