育毛剤の基礎知識:医薬部外品って何?

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

薬用育毛剤ポリピュアEXやBUBKA、チャップアップなど、現在販売されている代表的な育毛剤の中には、「医薬部外品」に指定されているものがあります。

ここで気になるのが「医薬部外品」ってそもそも何のことなのかということ。

名前の響きからして医薬品っぽい感じはしますが、「部外品」ともついていますし、いまいち分かりづらいかもしれません。

医薬部外品って何?

医薬品、医薬部外品、化粧品の区分

一般的に薬と言われるものには、薬機法によって3つの区分に分けられています。

医薬品、医薬部外品、化粧品です。

さらに医薬品は医師の処方箋がなければ購入できない医療医薬品と、薬局などで購入できる一般医薬品(第1類、第2類、第3類)に分かれています。

基本的には医薬品ほど効果が強く、副作用のリスクもあります。そのため、医師の処方箋が必要(医療医薬品)であったり、薬剤師のいる薬局でなければ買えない(第1類医薬品)など、購入に制限が設けられています。

医薬部外品

医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間的な分類になります。

効果について言えば、「予防効果」のあるものや「医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすもの」となります。「人体に対する作用の緩やかなもの」なので、医薬品よりは効果が弱くなりますが、一定の改善効果は認めらたものが医薬部外品です。

医薬部外品の製造販売には一定の要件を満たして許可を得る必要があります。

しかし、小売りの場合は特に許可は必要ないので、薬局やドラッグストアだけでなく、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで販売することができます。

医薬部外品の育毛剤

医薬部外品に指定される商品の種類は薬機法などで定められています。

例えば、吐き気や不快感を改善するものや、あせもやただれ等を防止するもの、健胃清涼剤やビタミン含有保健剤などです。

育毛剤に関して言えば、薬事法第2条第2項本文に「脱毛の防止、育毛または除毛」と規定されているように、条件を満たせば医薬部外品となります。

医薬品に指定されているのはプロペシア、ザガーロ、リアップだけ

2017年時点で、医薬品に指定されているのはプロペシア、ザガーロ、リアップの3つの育毛剤だけです。

このうち、プロペシアとザガーロは医師の処方箋がないと購入できない医療医薬品で、リアップは薬剤師のいる薬局やドラッグストアで購入できる第1類医薬品となります。

それ以外の通販サイトなどで購入できる主要な育毛剤は医薬部外品が多いです。

医薬部外品の育毛剤は一定の効果が認められている

市販されている医薬品以外の育毛剤にはさまざまなタイプのものがありますが、医薬部外品に指定されているのもは、医薬品と比べてマイルドながら一定の育毛効果があると認められています。

私が使用している「薬用育毛剤ポリピュアEX」はもちろん、現在人気のあるチャップアップやBUBKAはすべて医薬部外品指定です。

育毛剤にはいろいろタイプがあるのですが、どれが良いのか選ぶのがなかなか難しいものがあります。迷った場合、最初の指標として医薬部外品かどうかによって判断すると良いかもしれません。

医薬部外品に指定されている場合は、一定の育毛効果は認められていることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です