育毛剤成分:センブリエキス

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

センブリエキスは多くの育毛剤に含まれている成分です。

実際に育毛効果のある成分として認められています。

センブリエキスには、頭皮の血行を促進し、毛乳頭細胞の働きを活性化させる働きがあるとされています。

センブリエキスの育毛効果

センブリエキスにはさまざまな作用がありますが、中でも育毛につながると考えられているのは以下の作用です。

  1. 血行促進
  2. 抗酸化
  3. 抗炎症作用
  4. 毛乳頭細胞の活性化

以下、ひとつずつ見てみましょう。

血行促進作用

細胞が細胞分裂を行って増殖するためには、血液から運ばれてくる酸素や栄養分が多く必要になります。これは髪の毛になる毛母細胞の細胞分裂においても同じです。

毛母細胞が細胞分裂するためには、毛乳頭細胞から細胞分裂を促すシグナルを受け取る必要があります。この毛乳頭細胞が発毛シグナルを発するためには、毛細血管から多くの酸素や栄養分(アミノ酸やミネラル)を受け取る必要があります。

かつては、頭皮が硬いと血流が悪くなり、毛細血管から毛包に送られる酸素や血液が少なくなり、その結果薄毛になると言う説も出されていました。

しかし、現在では、頭皮が他の人より多少硬かったとしても、毛母細胞の細胞分裂が阻害されるほど血流が悪くなることはなく、この説は科学的に根拠がありません。

そもそも、髪の毛が薄くなってしまうほど栄養不足になるような血流の悪化があれば、他の部位にも問題が生じそうですしね。

とは言え、最初に書いたように、細胞分裂には多くのエネルギーを使うため、センブリエキスの血行改善効果は育毛に良いのは間違いないようです。

抗酸化

現在の老化研究によって、ヒトや細胞の老化の主な原因のひとつに酸化があることが分かってきました。

実際、細胞は呼吸や細胞分裂、エネルギー生産の過程で、活性酸素(フリーラジカル)と呼ばれる酸化力の強い酸素によって酸化します。これを繰り返すと細胞が傷つき、老化してきます。

これは頭皮でも例外ではありません。

男性型脱毛症による脱毛との違いを明確に分けることは難しいですが、頭皮の細胞が老化することによっても髪の毛が薄くなることがあります。

センブリエキスには抗酸化を抑える働きもあるため、頭皮のアンチエイジングにつながります。

抗炎症作用

センブリエキスに抗炎症作用もあります。

もちろん、生薬由来の成分なので、人工的に合成した医薬品の有効成分ほどの強い作用ではありませんが、抗炎症作用によって頭皮の育毛環境をしっかりと整えることができます。

毛乳頭細胞の活性化

髪の毛は、毛乳頭細胞が毛母細胞に細胞分裂を促すシグナル=情報を送ることで成長します。

男性型脱毛症(AGA)になると、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭細胞に作用することで、毛乳頭細胞が毛母細胞の細胞分裂を阻害するシグナルを発するようになってしまいます。

センブリエキスには毛乳頭細胞を活性化させることで、毛乳頭細胞が再び毛母細胞の細胞分裂を促すシグナルを発するようになります。

男性型脱毛症の治療において重要なのは、①ジヒドロテストステロン(DHT)をつくり出す5αリダクターゼを阻害する、②毛乳頭細胞を活性化させる、の二つです。

それ以外の対策、例えば頭皮を清潔に保つなど、も育毛を行う上では大事ですが、あくまで上記の二つの対策のいずれか(または両方)を行うことが前提です。

育毛成分センブリエキスについての詳細情報

センブリエキスはどんな植物から抽出しているの?

センブリエキスはセンブリ属の二年草であるセンブリという植物からアルコールによって抽出されたエキスです。特定の部位ではなく、花、葉、根、茎のすべての部分からエキスが抽出されます。

妊娠中や授乳中の女性は気を付けなければいけないノコギリヤシなどと異なり、過剰摂取さえしなければ、副作用の心配がほとんどないとされています。

苦みがあるのが特徴で、生薬として古くから利用されてきた歴史があります。センブリ(千振)という名前は、千回振り出してもまだ苦いということが由来になっているとも言われます。

育毛剤以外では、漢方やお茶でよく使われており、胃腸を癒す健胃や食欲増進の効果があります。

センブリエキスに含まれる成分

・スウェルチアマリン、スェルチアニン、スェルチアノリン

苦み成分です。胃の機能を整え、また苦みによって胃に適度な刺激を与えることで血行を良くします。

胃などの知覚神経に刺激を与えて血流を良くするという話は、IGF-1理論に近いものがありますね。

血流が改善すると、毛乳頭細胞に流れ込む栄養分(アミノ酸やミネラル)や酸素が多くなり、毛乳頭細胞の活性化が期待できます。

・アマロゲンチン、アマロスウェリン

毛乳頭細胞を活性化させる効果があるとされています。

・キサントン

頭皮の炎症を抑え、抗酸化によるアンチエイジングが期待できます。

・フラボノイド

イソフラボン、アントシアニン、カテキンなどは強い抗酸化作用があります。

まとめ

センブリエキスに「発毛」効果があることは医学的に正式な試験を行って照明されているわけではありません。

ですが、血行促進による毛乳頭細胞の活性化など、間接的なさまざまなエビデンス(証拠)から、一定の育毛効果はあると期待されています。

実際、センブリエキスは育毛成分として認められており、多くの育毛剤に含まれています。

センブリエキスを含む育毛剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です