豆乳は男性型脱毛症の薄毛・ハゲに効くのか?

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

薄毛やハゲに良いとされる食べ物にはいろいろなバリエーションがありますが、大豆はよく聞く食べ物の上位ではないでしょうか。

実際、たんぱく質の豊富な大豆は健康食として注目されており、ハゲや薄毛に効きそうなイメージがあります。

中でも手軽に食べられる大豆食品の筆頭として、豆乳は人気です。豆乳がハゲに良いという話もよく耳にしますが、本当なのでしょうか?検証してみました。

豆乳が薄毛・ハゲに良いという話は本当なのか

豆乳の主成分、大豆に育毛サポートが期待できる?

豆乳にはさまざまな成分が含まれていますが、育毛の話で大事なのは何といっても主成分の大豆です。

大豆はたんぱく質を豊富に含む食材で、植物の中では肉に匹敵するほどのたんぱく質を含む唯一の食材です。

牛乳や卵と同様に、良質なたんぱく質としてみ認められている食べ物で、他にも脂肪や鉄分、カルシウムなどを含んでいます。

ヒジキと大豆の煮つけやポークビーンズなど、美味しい料理のバリエーションも豊富です。

大豆のイソフラボンがハゲに良い?

大豆はたんぱく質が豊富なだけでなく、イソフラボンという女性ホルモンに似た構造の成分が含まれています。そのため、弱い女性ホルモンのような働きを示します。

イソフラボンは骨粗鬆症や更年期障害の軽減などが期待できることから、大豆製品の中には特定健康食品(いわゆるトクホ)として認められているものもあります。

イソフラボンには、男性型脱毛症(AGA)の対策につながる二つの作用があり、一部の育毛サプリメントでも採用されている成分です。

第一に5αリダクターゼを阻害用

5αリダクターゼは男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変えてしまう酵素です。ご存知のとおり、DHTは男性脱毛症を引き起こす直接の原因です。

イソフラボンにはこの5αリダクターゼの働きを抑える作用があります。

もちろん、プロペシアに含まれるフィナステリドほどの強い働きを持っているわけではありません。フィナステリドのように医薬品の成分に指定されているわけではありませんし、豆乳の原材料である大豆に含まれている用量では強い効果を与えるわけでもありません。

とは言え、多少なりとも5αリダクターゼの働きを阻害するイソフラボンが含まれているのは無意味でもありません。

第二にIGF-1(成長因子)の増加に関与

実は、大豆に含まれるイソフラボンには、育毛の観点からもう一つ注目されている点があります。

それは、IGF-1という成長因子の増加に関わる物質であることです。

髪の毛の成長は、毛根の底部にある毛乳頭細胞が毛細血管から栄養分を受け取り、髪の毛の元になる毛母細胞に細胞分裂を促すシグナル(「発毛命令」なんて呼ばれることもあります)を送ることで起こります。

このシグナルというのはさまざまなタンパク質なのですが、その中にはIGF-1(インスリン様成長因子)と呼ばれるものも含まれています。

イソフラボンには、このIGF-1の生成に間接的に関わっています。

「間接的に」と書いたのは、イソフラボンが直接IGF-1を増やすのではなく、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)というIGF-1を増やす物質を増やすからです。

ちょっとややこしいかもしれませんが、完結にまとめると次のようになります。

       イソフラボン⇒CGRP⇒IGF-1⇒髪の毛の成長

豆乳に使われる大豆に含まれるイソフラボンは、強い作用を示すほどの用量ではありませんが、5αリダクターゼの阻害とIGF-1の増加が期待できる点では、確かに育毛に良い食材と言えるかもしれません。

IGF-1による育毛理論を提唱した岡嶋教授では、知覚神経の刺激によってIGF-1を増加させる働きを持つカプサイシン(唐辛子の辛味成分)と、IGF-1を増加させるCGRPを増やすイソフラボンを含む食品を同時に食べることを勧めています。

カプサイシンは唐辛子によく含まれているので、麻婆豆腐なんかが特に良いようです。

結論:育毛剤のような強い作用はないが、育毛サポート的に飲むのはオススメ

すでに男性型脱毛症(AGA)を発症しており、頭頂部や前頭部で明らかに分かるような薄毛化が進行している場合、豆乳だけで改善しようとするのはほぼ不可能です。

この場合は、医薬品や医薬部外品として指定された育毛剤を使う他に選択肢はないでしょう。

すでにはっきりと薄毛化が進んでいる場合、いくら育毛に良いと言われる成分でも、食品に含まれる程度の用量では太刀打ちできません。

しかし、豆乳を飲むのがまったく無駄かと言えばそんなことはありません。

あくまで食品なので、医薬品指定の育毛剤ほどはっきりとした作用があるわけではありませんが、適度に摂取していればやはり違いはあるはずです。

また、「育毛に良いものを食べている」という心理は、実際に前向きな気持ちにしてくれ、良い心理効果をもたらします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です