男性型脱毛症用語集:テストステロン

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

テストステロンは男性ホルモン(アンドロゲン)です。専門的にはステロイドホルモンの一種です。

特に男性の体や心の形成において重要な働きを持つホルモンですが、一方で男性型脱毛症(AGA)にも深く関わっています。

しかし、AGAは男性ホルモンが原因とは言っても、テストステロンが直接脱毛症の原因となるわけではありません。この辺のメカニズムも含めて、テストステロンについて詳しく解説します。

テストステロンと男性型脱毛症(AGA)

テストステロンのさまざまな働き

テストステロンは筋肉の増大や骨格の発達、体毛の発毛などに人の体の形成において重要な役割を果たしています。

闘争本能や孤独願望など、特に男性に特徴的な心理傾向を生み出します。競争や戦いを好む傾向は女性よりも男性に多くみられますが、テストステロンがその原因のひとつです。

暴力犯罪を犯す人ではテストステロン量が多い傾向があると言われています。

また、痛みを和らげる働きもあるようです。これもおそらく戦いに関連して進化の過程に発達したものと考えられています。

テストステロンが過剰になると暴力的な態度を取る傾向があったり、また心臓発作や脳卒中のリスクが高まるなどよくない面も出てきますが、一方で、適度な競争心ややる気、異性に対してアプローチをとるなどの心理面や、頑強な肉体を作る上では重要なホルモンです。

テストステロンが増えると薄毛化が進行するのか?

テストステロンはさまざまなきっかけが原因となって体内の分泌量が増えます。

例えば、筋力トレーニングを行ったり、危険な行動(アメリカの研究では、被験者に銃を触らせるとテストステロン量が増加したことが分かっています)をとれば、体内のテストステロンの量は増えることがわかっています。

それでは、テストステロンが増えると薄毛化は進行するのでしょうか?

答えはイエスとも言えるし、ノーとも言えます。

最初に書いたように、男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンが原因となって発症しますが、テストステロンが直接の原因となるわけではありません。

AGAを引き起こすのは、テストステロンが変化したジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンです。

ジヒドロテストステロン(DHT)を作りやすい体質ならテストステロンの増加は薄毛を促進させる可能性あり

テストステロンをDHTに変換するのは、5αリダクターゼという酵素です。

5αリダクターゼは毛包内に存在し、毛細血管から流れ込んできたテストステロンをDHTに変える働きを持っています。

この5αリダクターゼの活性(=テストステロンをDHTに変える働きの強さ)は体質によって異なり、男性型脱毛症(AGA)を発症している人ではかなり強くなっていることが多いようです。

DHTは毛乳頭細胞という発毛の指令を出すを細胞に作用し、逆に脱毛を促すように働きかけます。

生成されるDHTの量が増えれば増えるほど、薄毛化が進行していくリスクが高まります。

つまり、テストステロン自体は薄毛の原因とはなりませんが、5αリダクターゼの活性が強い体質の場合、テストステロンの分泌量が増えれば増えるほど、薄毛を引き起こすDHTも増えることになります。

5αリダクターゼの活性が弱い、つまり遺伝的・体質的に男性型脱毛症になりにくい人であれば、テストステロンを増やすようなことを行ってもハゲになる可能性は低いです。

しかし、5αリダクターゼの活性が強い人やすでに男性型脱毛症を発症している人では、テストステロンを増やすようなことを行うと、結果的にDHTが増えるため、薄毛化が進行する可能性があります。

男性型脱毛症の人はテストステロンを増やさないようにするべきか?

例えば、筋力トレーニングを行うとハゲるという説がありますが、これは男性型脱毛症になっている人や、なりやすい体質の人では当てはまります。

それでは、AGAになっている人やなりやすい体質の人は、テストステロンを増やすようなことはやめるべきなのでしょうか?

これはなかなか難しい問題です。

というのも、テストステロンは過剰になれば前立腺や心臓疾患などのリスクを高めますが、一方で競争心を高めたり、異性に対するアプローチを促したりと、一般的な男性が生活していくうえで重要な働きもあるからです。

要は、テストステロンが適度に多い方が、仕事や異性との交際で良いように働くわけですね。

また、筋力トレーニングが趣味の方は、育毛のためとは言え、完全に辞めてしまうのは辛いでしょう。

育毛剤等を使ってしっかりとケアしているのであれば、多少は良いのかなとは思います。好きなことをやめてしまったり、過剰に気にするのはかえってよくないので、自分でバランスを取るのがいちばんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です