なぜ育毛剤で男性型脱毛症(AGA)による薄毛化を改善できるのか?

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

一言で「ハゲ」や「薄毛」と言っても、原因はさまざまです。

円形脱毛症や脂漏性脱毛症などの病気が原因となることもあれば、暴飲暴食や睡眠不足など生活習慣の乱れによって髪の毛が弱ることもあります。

当然、薄毛やハゲの原因によって、取るべき対策も異なってきます。

そして、男性型脱毛症(AGA)がある程度進んだ状態では、育毛剤を使わなければ十分な改善を得ることは困難です。

男性型脱毛症(AGA)の対策は日常生活の改善だけでは不十分

日常生活の改善だけではAGA対策に不十分な理由

髪の毛は毛母細胞が細胞分裂することによって、太く長く伸びていきます。

そして、暴飲暴食や過剰なストレス、睡眠不足や運動不足など、日常生活が乱れた状態が続くと、髪の毛が弱ってしまうことがあります。

細胞分裂には十分な栄養分が必要なのですが、体が不健康であれば、栄養が不足しまうことがあるからです。

もし、日常生活が乱れた状態で、抜け毛が増えたり、髪の毛に元気がなくなったりしたのであれば、栄養バランスの取れた適量の食事を摂る、悪いストレスを溜め込まない、十分な睡眠を取る、適度の運動を行うなどの、日常生活の改善によって髪の毛が再び元気になる可能性は高いです。

しかし、男性型脱毛症(AGA)が原因となって髪の毛が抜けたり、毛量が少なくなっている場合は、日常生活の改善だけでは不十分です。

なぜなら、男性型脱毛症(AGA)による薄毛化・脱毛は、日常生活の乱れによって髪の毛が弱るのとは、また異なった原因があるからです。

男性型脱毛症(AGA)で薄毛になるメカニズム

男性ホルモンのテストステロンは血液によって全身に運ばれますが、筋肉や骨格、体毛の成長に不可欠なホルモンです。

ところが、毛乳頭細胞に運ばれたテストステロンが、5αリダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されてしまうと、このDHTはなぜか脱毛を促すように作用してしまいます。

毛乳頭細胞は、髪の毛の元になる毛母細胞に細胞分裂を促すシグナルを送りますが、DHTが男性ホルモン受容体と結びつき毛乳頭細胞の核内に入り込むと、今度は脱毛を促すシグナルを発するようになってしまいます。

つまり、男性型脱毛症(AGA)は主にジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが原因で薄毛化を引き起こします。

男性型脱毛症(AGA)対策で重要なこと

AGAで薄毛化を引き起こす最も重要な物質は、ジヒドロテストステロン(DHT)です。

そして、ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼという酵素によって作られます。

従って、男性型脱毛症対策のひとつとして、5αリダクターゼの働きを阻害してやることが挙げられます。

ジヒドロテストステロンの元になるテストステロンは身体のさまざまな働きに関わっているため、テストステロン量を減らすような方法はリスクが高くなります。

また、ジヒドロテストステロンの強い作用を受け続けると、毛母細胞に細胞分裂を促す毛乳頭細胞の働きが低下してしまいます。

そのため、ある程度男性型脱毛症による薄毛化が進行している人では、毛乳頭細胞の働きを活性化させることも重要です。

まとめると、男性型脱毛症対策で重要なのは次の二つ。

  1. ジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼの働きを抑制する
  2. 毛乳頭細胞の働きを活性化させる

主要な育毛剤の作用は基本的に上に二つになります。

なぜ育毛剤でなければ男性型脱毛症の薄毛化を改善するのは難しいのか

男性型脱毛症による薄毛化の進行を抑制し、育毛を行うためには、①5αリダクターゼの働きを抑制する、②毛乳頭細胞の働きを活性化させる、の二つが重要でした。

睡眠、食事、ストレス、運動などの日常生活の改善によっても、栄養状態を改善し、毛乳頭細胞の働きを良くすることはできるかもしれませんが、すでに男性型脱毛症を発症している場合、それだけでは十分ではありません。

特に、5αリダクターゼの抑制は、効果が証明されている育毛剤を使わなければ、日常生活の改善だけで行うことはほぼ不可能です。

健康的な日常生活を送ることは、育毛環境を整える上でとても大切ですが、ある程度男性型脱毛症が進行しているのであれば、育毛剤を使用しなければ薄毛・ハゲを改善することは難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です