筋トレ/ウエイトトレーニングを行うとハゲるのは本当か?

⇒著者も使用中!薬用育毛剤ポリピュアEXを損せずに購入する方法

筋力トレーニング、特にバーベルやダンベルなどを使ったウエイトトレーニングを行うと薄毛やハゲになりやすいという説があります。

この説が本当なのか、徹底的に検証してみました。

筋トレをするとハゲるという説の根拠

筋トレを行うと男性ホルモン(テストステロン)が増加

バーベルやダンベルなどの重たいウエイトを使った筋力トレーニングを行うと、体内で男性ホルモンのテストステロンが増加します。

テストステロンには筋肉を増大させる作用があるため、筋トレによって筋肉に刺激を与えることで、その分泌が促されます。

また、テストステロンは「不安定な興奮」(例えば銃の模型を触らせたり、暴力的な映像を見せるなど)によっても増加することが研究から分かっています。

男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンが原因となって起こるため、このことから筋トレ⇒薄毛・ハゲ、という説が生まれたのだと思います。

それでは、筋トレがハゲにつながる説は本当なのでしょうか?

最初に結論を言うと、半分本当で、半分ウソ、ということになります。

筋トレをしても薄毛やハゲにつながらないケース

AGAは男性ホルモンによって引き起こされますが、テストステロンが直接薄毛化を引き起こすわけではありません。

テストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変換された、ジヒドロテストステロン(DHT)が薄毛化を引き起こします。

従って、筋トレによってテストステロン量が増えたとしても、5αリダクターゼの活性(テストステロンをDHTに変換する働きの強さ)が低ければ、AGAを発症する可能性が低くなります。

また、DHTは単独で薄毛化を引き起こすのではなく、男性ホルモン受容体というタンパク質と結合することで作用します。

そのため、体内で生成されるDHTが多くても、男性ホルモン受容体の感受性(DHTとの結びつき易さ)が弱ければ、この場合もAGAを発症する可能性は低くなります。

まとめると、筋トレによって体内のテストステロン量が増えたとしても、①5αリダクターゼの活性が低い②男性ホルモン受容体の感受性が低い、のいずれか、または両方の体質であれば、AGAによる薄毛化は起きにくいと言えます。

筋トレが薄毛化につながってしまう可能性があるケース

すでにAGAになっている人が筋トレを行う

すでにAGAを発症しており、ある程度薄毛化が始まっている人は、5αリダクターゼの活性が強く、男性ホルモン受容体の感受性が高い可能性があります。

この場合、筋トレによってテストステロン量が増えると、増加したテストステロンが5αリダクターゼによってDHTに変換され、薄毛化を加速させてしまう可能性があります。

男性型脱毛症になっている人は、ウエイトトレーニングがさらなる薄毛化につながるリスクがあります。

遺伝的に男性型脱毛症になりやすい人は筋トレをしても大丈夫?

5αリダクターゼの活性や男性ホルモン受容体の感受性は、遺伝的に決まると言われています。また、体内で作られるテストステロンの量も遺伝的要素が大きいです。

それでは、まだAGAは発症していないものの、遺伝的に5αリダクターゼの活性や男性ホルモン受容体の感受性が強い人は、筋トレをしても問題がないのでしょうか?

率直に言えば、答えは不明です。

体質的に男性型脱毛症を発症しやすい人でも、何が原因になってAGAを発症するのか、そのスイッチとなる原因を突き詰めるのは非常に困難です。

DHTと男性ホルモン受容体の結合体による作用が一定レベルを超えたら発症する可能性もありますが、詳細は分かっていません。

従って、ウエイトトレーニングによるテストステロン量の増加がAGAにつながるかどうかは、現時点では不明です。

祖父や父親が薄毛で家庭的にAGAになりやすい場合は、自身の毛髪の状態に注意しながらウエイトトレーニングを行った方が良いでしょう。

テストステロン量が増加するのはウエイトトレーニング。有酸素運動は大きく増加させない

全てのスポーツやトレーニングがテストステロンを増加させるわけではありません。

テストステロンが大きく増加するのは、重たいウエイトを使ったウエイトトレーニングで、ランニングや水泳などの有酸素運動では増加しません。

もし、AGAが心配で筋トレを控えるというのであれば、有酸素運動に切り替えるのも一つの手です。

結論:筋トレはハゲる?⇒すでにAGAを発症していたり、AGAになりやすい体質だと可能性あり。

ウエイトトレーニングを行うと薄毛になると言う説については、以下の条件であれば可能性としてはあります。

  1. すでにAGAを発症しており、薄毛化が進行している
  2. 遺伝的にAGAを発症しやすい体質

どちらもの場合も、筋トレによるテストステロンの増加が結果的にDHTの増加につながり、薄毛化を進行させてしまいます。

筋力トレーニング自体が直接の原因となってAGAを発症させることではないので、AGAになっていない人や、体質的にAGAになりにくい人では過剰に心配する必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です